2008年12月22日

いち井@宮内/長岡

先日まちゃさん、razzaさんの充実した新潟レポートがございましたが、後を追うように新潟にうかがってまいりました。まとまった杯数をこなしたのでこれからしばらく午後のタイミングで連続アップいたします。

----------

0812a019.jpg

一軒目は長岡の永年の課題店に。3回目の訪店でようやく実食。店内はスペースを贅沢に使っておりゆったりと食べられる配慮が。また、シックな内装に似合わないワイルドな豚骨フレーバーが漂い、期待を高めます。

0812a020.jpg
「塩+海老わんたん 750+200円」
初訪ではこれと決めていたメニュー。わんたんは勢いで追加。

スープは徐々に塩辛くなっていくようにも思えますが、うまみが深いからかと思われます。一口目に焼きあごの衝撃が来るものの、その後は動物の厚みのある丸いスープが最後まで飽きずに麺をすすり続けさせます。

チャーシューは存在感ある手切りで厚みのあるもの。ワンタンは生姜が効いたもので海老がぷりっとしていて食感も楽しめます。

0812a021.jpg
麺は細めのしなやかなもの。個人的にはもう少し強めのものの方が印象に残りそうに思えます。

噂通りの味に満足。

新潟県長岡市曙1-1-5
11:30-14:30頃 土祝は11:30-15:00頃 日第1月休
posted by nel at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン(甲信越) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、とっくに行かれていると思ってました(笑)
たしかお店は、豚骨のラーメンから出発されていたと思います。
Posted by タテさん at 2008年12月22日 19:16
何度も何度も振られていますので(笑)
新潟にはなかなか行かなくなってしまいましたので
今回は数少ないチャンスでした。

豚骨は初訪(当然振られ)当時から人気メニューでしたね。
今ではメニュー最下段ですが、お店の豚骨臭は凄かったです。
Posted by nel at 2008年12月23日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック