2009年09月21日

中華料理 四海樓@大浦天主堂下/長崎

0908a017.jpg
「ちゃんぽん」と一緒に「皿うどん」もいただくことに。

0908a018.jpg
「皿うどん(太麺) 997円」
現在では細麺が主流ですが、四海樓初代がちゃんぽんのバリエーションとして考えたこれがオリジナルなのだとか。

デザートや唐揚げなどもいただきましたが一番気に入ったのがこちら。スープが絡んでねっとりとした麺が楽しい。具材もそれぞれ主張があり麺に負けません。

0908a019.jpg
焼いて仕上げているためか「ちゃんぽん」と同じ麺にもかかわらず締まった食感が楽しめます。

長崎市松が枝町4-5
11:30-15:00 17:00-21:00 不定休
posted by nel at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン(九州沖縄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクもシルバーウィーク中長崎行って来ました。
やはり皿うどんの太麺ははずせず「会楽園」でちゃんぽんと皿うどん細めんと一緒に頂きました。
やはり麺の弾力とかがちょっと東京とかでは味わえない部分と思いましたね。
ちゃんぽんの場合もやはり麺が際立ってたと思います。細めんも同じく。
やっぱ麺屋さんとの力関係が妥協のないものを作らせるのでしょうかねー

シルバーウィーク中の昼間の中華街ありえんくらい人であふれていました。生まれて初めてですあんな光景。
Posted by ニール山口 at 2009年10月05日 06:24
ニールさん、長崎、楽しめたみたいでなによりです。
皿うどんの太麺、いいですよね。
唐あくの力が大きいんでしょうか。

中華街、自分たちは17時前に入ったのでまだ空いていました。
それほど広くないですから人が集中したら大変でしょうね。
Posted by nel at 2009年10月05日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック