2009年11月19日

自家製手打ち麺 ラーメン響@北吉田/新潟

0911a028.jpg
背脂ツアーの最後はこちら。「なおじ」系列の新店。旧吉田町ですが現在は燕市。

背脂中華そばがメインのお店なので床の滑り方が半端ではないです。連れは足を滑らせてイスに脚をぶつけました。どの箇所も確実に滑りますのでご注意を。

0911a029.jpg
「中華そば 630円」
この値段で大盛無料。ノーマル盛りを気持ち油多めでオーダ。しかし厨房には「多め」と通りました。具材をのせる際に「たまご、たまご、メンマ、メンマ…」とコールと合いの手が入ります。

スープは乳化したもので背脂とあいまって迫力があります。ほのかに甘くうまみもしっかり。チャーシューは薄手のものが多数仕込まれています。食感締まっておりスープに合います。玉子も甘い。メンマは板であることを強調したものでほぼ正方形。タマネギは辛さ控えめ。

0911a030.jpg
麺はうどんなのではと見まがうもの。もちもちの食感は讃岐うどんを想起させます。杭州を意識したと思われる麺の強さは印象に残りました。ただし、これでもちょっと上品な仕上がりに思えます。

0911a031.jpg
「ビーフストロガノフ丼 250円」
ラーメン店にとって煮込み系は得意分野なのでしょうが、これは価格以上の充実感があるサイド。大盛無料のお店にこのサイドが存在するのがある意味うれしい。

好みの麺ですので次回は忘れずに大盛にしたいと思います。

燕市吉田鴻巣27-44
10:00-22:00 無休
posted by nel at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン(甲信越) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック