2009年11月23日

まりお流ラーメン@奈良

0909a091.jpg
前回アップした濃厚なスープのラーメンがオススメと聞いていたのですが、メニューを見て濃厚さがかなりエスカレートしていることに気づきました。

そこで、自席から見える範囲で最も濃厚と思われるラーメンをオーダ。

0909a092.jpg
「霧島 並 1,575円」
濃度10とのこと。ちなみに先日アップした「濃厚とん塩らーめん」の濃度が6。何が基準かはさっぱりわかりません。

スープですが、箸を入れても波打ちません。カルボナーラをスープありのラーメンに仕立てたような雰囲気。流動性のないスープは恐らく背脂が主成分ではないかと思われます。一口目は脂のうまみがのった麺が本当にカルボナーラのような雰囲気で満足感があったのですが、二口、三口といただくにつれて重さが際立ってきます。

雰囲気を変えるために鰹粉と唐辛子がそえられますがこれが自分にとっては逆効果。麺だけを片付けるのがやっと、でした。チャーシューは5枚、大きく多め。ネギとメンマの存在が本当にありがたかったです。

0909a093.jpg
麺はしなやかでスープを良くのせます。スープをのせるが故に後半の重さは半端ではなかったです。

オーダ後に気がついたのですが、どうやらこのラーメンよりも濃厚なスープのものが存在するようです。コッテリ【大】好きな方にはオススメいたします。ただし、半端な気持ちでオーダすると痛い目にあうと思われます。

奈良県奈良市尼辻町433-3
18:00-26:30LO 無休
posted by nel at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン(近畿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック