2010年05月06日

富山ブラック麺家いろは@信越麺戦記 Part2/南松本

最終日の実食となってしまい期間中にアップすることができませんでした。申し訳ございません。

1005a036.jpg
「富山ブラック黒醤油らーめん 700円」
見た目の黒さはバッチリ。

口にするとかなり優しい。ただ、ブラックの特徴はしっかり。スープはそれほど塩角が立っておらず簡単に飲めるもの。また、粗挽きペッパーも辛くなるほどのらず。メンマも通常のラーメンレベルの塩辛さで白飯のおかずにはならないかと思います。

1005a037.jpg
麺は強さよりやさしさを感じるもの。スープ色にしっかりと染まっています。味玉も放置する時間に応じて色が変わっていきます。

食べやすい方向への翻訳加減が絶妙に思えます。

ジャスコ南松本店1F東口駐車場
4/30-5/5の6日間出店
この記事へのコメント
この黒さには、引き付けられますね。東京ラーメンショー2009で1位をとったのも、何となくわかるような気がします。ヴォリュームもお得感ありましたし。

一昨年のラーメン博の、ちょもらんまのブラックとも違っていて、やさしいけど、旨味がジワジワとキて美味しかったです。


Posted by セントラル at 2010年05月08日 23:54
具材が多めで確かにお得感がありますよね。
ちょもらんまのブラックはイカ墨なのでかなり違いますよね。
また、富山主流とも違うソフトな立ち位置が面白かったです。
メンマが食べやすかったのが(笑)
Posted by nel at 2010年05月09日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック