2010年05月11日

竜胆@越後石山/新潟

1005a027.jpg
「信越麺戦記」では自店のラーメンで勝負をかけずに「新潟下越の支那そば」を提供なさったお店。イベントに合わせたものを提供なさったにもかかわらず、そのラーメンと限定のつけ麺の出来が良かったのが印象に残りGW中に早速お店にうかがってまいりました。

1005a028.jpg
「醤油らーめん 600円」
実は上のチャーハンとセットにしてオーダ。900円でいただくことができます。とてもリーズナブル。

ラーメンですが、このお店の看板の「東京醤油らーめん」から焼印卵焼きを抜いたものかと思われます。実食日は体調がいまひとつで鼻がきかなかったのですが、それでも和出汁の香りがグーンと立ち上がってくるわかりやすいスープが印象的でした。具材では小松菜の存在感が際立ちます。メンマは麺戦記で提供されていたものと印象が異なりますが細身のもの。

1005a029.jpg
麺は最近細めのものに変更されたようです。しなやかでもちもち。

お店にいる間に待ちのお客さんが途切れることはありませんでした。人気にも納得です。

新潟市東区粟山4-33-1
11:30-14:30 17:30-22:00 木休
posted by nel at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン(甲信越) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も「信越麺戦記」の印象が忘れられず、新潟のお店に訪問いたしました。
オーダーは東京醤油らーめんを注文し、運ばれた外観からは焼印卵焼きが印象的でしたが、
魚介の和出汁も香りが立っていて個性が際立っていました。
その後、食してみると期待を裏切らない一品でした。
Posted by mg at 2010年06月16日 22:39
mgさんの行動力には頭が下がります。
「麺戦記」の「竜胆」、良かったですよね。
東京醤油らーめんはセットでは頼めなかったので
卵焼きはいただかなかったのですが
スープに思いがこもったラーメンであることは実感できました。
Posted by nel at 2010年06月17日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック