2006年04月05日

麺屋 あいぜん@穂高/安曇野

訪店頻度は守っています(笑) 2ヶ月ぶり。

0603a069.jpg
「春の鯛・桜しおらぁめん 800円」
麺はかためででてきて最後までしっかりした食感。スープは結構塩辛い、ですね。桜がしっかりと効いているので、他に何が主張しているかは良くわからず。刺身は手を加えているものの、地の味を活かしています。緑はグリーンピーススプラウト。ツマが刺身を支えるのですが、かなり量が多いです。

チャーシューは脂がやわらかくおいしいものを短冊状に切ってあるのですが、これと刺身は並存する理由があるのか、と考えてしまいました。主役が2つは要らないですよね。焦がしネギも強烈な存在感、これがないとどうなるかも試してみたいような(笑)

掲示板スレッド:「麺屋 あいぜん@穂高」

店舗ページ:麺屋 あいぜん
posted by nel at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン(中信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
癖のある素材をぶつけまくっていた印象です。
バランス的に自分は厳しい評価になりました。
Posted by jimmy at 2006年04月05日 22:38
あれだけのものを良くまとめていたのでは、というのが自分の受けた印象でした(笑) 焦がしネギが大役を果たしていたのでは、と感じています。真相はわかりません。
Posted by nel at 2006年04月06日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック