2010年09月16日

魚薫.紅担々@ラーメンファンタジスタ

ファンタジスタ前半2杯目としていただいたのがこちら。

1009a056.jpg
「魚薫.紅担々 850円」
辛さは気持ち良く伝わってきます。黒ゴマを含んだ香味油は狙った香りが出ているのか微妙。ベースが魚の香りを抑えられずまとまり切らないように感じられました。

1009a057.jpg
麺は「信州芳醇淡麗とりそば」に見た目も似た唐辛子練りこみ麺。スープがかなり辛いためか、蒼空でいただく時と同様に麺から辛さを感じることはありませんでした。

次の機会があれば、この贅沢な組み合わせで淡麗系をいただいてみたいです。

9/21までの提供
9/20までは11:00-20:30LO 9/21は11:00-16:30LO
ながの東急百貨店7階レストラン街特設会場(長野駅前)
posted by nel at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン(北信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
具の鳥肉がもっと量があればなぁと思ってしまいました。スープを掻き混ぜる前の黒い部分の香り(胡麻と何か)は、なかなか好みでした。
Posted by セントラル at 2010年09月18日 00:08
鶏肉、確かに少ないですよね。
具材の印象がほとんど残っていません。
黒い油の部分は店主たちの狙いを再現するのが簡単ではないのでしょうね。
自分のいただいたものは「あれっ?」って感じでした。
Posted by nel at 2010年09月19日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック