2006年05月26日

ラーメン きら星@武蔵境

0605a050.jpg
ようやく念願のお店へ。見た目通り、奥に長いつくりです。

0605a051.jpg
「ラーメン 650円」
トンコツの雄として紹介されることの多いお店ですが、強さは感じませんでした。どちらかというと上品にまとめようとした感じ、に思えるもの。で、独特(特有ではない)のニオイがあります。ざらつき感が面白いです。キャベツの上にのる「かつお餡」は意外と効果あり。スープに溶かすとガラッと雰囲気が変わります。

麺はつるっとした太めのもの。自分には守備範囲内ですが、これ、苦手な方もいそうな予感。スープと比較して弱く感じるかも。チャーシューは豚臭いです。クセのあるものを合わせながらも、一杯として不思議にまとまっています。
posted by nel at 06:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン(東京都) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の時はスープは「豚骨豚骨豚骨」という風に感じました。
スープが上品なだと、カツオ餡はWテイストの効果が出るでしょうね・・・。
トータルでとても気に入った1杯でした。

麺は変わったと言うよりも自家製麺で日によって多少違うのでしょうか。
Posted by さくじ at 2006年05月26日 08:32
こんにちは。

きら星は麺もスープも食べる度に
大きく印象が違います。
なので、同じ日に食べないと感想は
違うかも。。
Posted by たけひこ at 2006年05月26日 12:08
さくじさん、なるほど、自分とは全く印象違いますね。
Posted by nel at 2006年05月27日 20:55
たけひこさん、解説ありがとうございます。やはり一回で判断してはいけないお店のようですね。

お店を出る際に何の根拠もなく、必ずもう一回来るだろうな、と感じたのは偶然ではなさそうですね(笑)
Posted by nel at 2006年05月27日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック