2006年07月19日

ラーメン 大須和楽@大須観音/名古屋

0607a021.jpg
前回は長期休業があり振られ。今回ダメモトで訪店。運よく開いていました。ちょうど混雑の谷間だったらしく、自分はあっという間に食べることができましたが、お店を出る頃には結構お客さんが入っていました。

0607a022.jpg
「しょうゆ 680円」
スープはシンプルに思えながらも実は複雑。やや辛味を帯びたスープは自分のストライクゾーンにばっちり入ってきています。塩味は薄めですが十分。動物系が濃い中に根菜系の味を感じます(入っているかどうかは不明です)。節粉が結構多く使われているのですが、ガツンと来るものではないです。麺はかっちりとしたものなのですが、スープが持つ力が十分なためするするとすすりこめます。具材で良かったのは枯れっぽいメンマ。

スタッフのみなさんが物凄く真剣に仕事をなさっているのが印象的でした。
posted by nel at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン(東海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青葉インスパイアと思っていたのですが、
食べてみるとちょっと雰囲気違いますよね。
でも美味しいです。

カウンターの後ろが銭湯ぽいミニタイルになってたのが
やけに印象に残っています(笑)
Posted by さくじ at 2006年07月22日 21:20
確かに「青葉」とは違いますね。自分にとっては「青葉」よりも好みです。「青葉」にある重さがない、という表現しかできませんが。

タイル、気がつきませんでした。居心地が良い空間であったことだけは確かです。
Posted by nel at 2006年07月22日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック