2006年07月28日

支那そば 正月屋@郡山/福島

0607a032.jpg
福島には「喜多方」「白河」の2大ラーメン処がありますが、実は一番ラーメン店が充実しているのが「郡山」だと思います。長野と似ているのですが、どのようなラーメンも受け入れる素地があると思います。

郡山はおいしい東京ラーメンが食べられるところとしても有名。当然、その一つがここのラーメン。

0607a033.jpg
「支那そば 650円」
食後の印象は「このラーメンはこの店主にしか作れない」。単にこのお店で修行しただけではこの味を再現するのは無理、と感じられる精度の高さ。

例えば大量のネギ、そしてカイワレ。塩にいたっては焦がしネギにえびも入っています。それを受けるスープがかなり繊細なものなのですが、全く負けないどころか、全てを簡単にまとめてしまう余裕さえ感じます。いや、ハイレベル、です。

自家製麺は支那そば(中太)と塩(細)では切り分けているのですが、両者とも良い感じです。醤油(支那そば)の麺を細くしたものも食べてみたくなりました。加水はかなり低目とうかがいましたが、それを全く感じさせないもの。でも、食後の重さは結構あったような。どこにでもありそうなラーメンに見せかけておいて、実は… ですね。

0607a034.jpg
「塩そば 650円」
にゃみさんが頼んだのがこちら。まったく違うタイプのラーメンに仕上がっています。これだけケンカしそうなものをたくさん突っ込んでおいて、このまとまり方は驚嘆、です。再訪必至。
posted by nel at 00:03| Comment(2) | TrackBack(1) | ラーメン(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、急用で郡山に行ったので、夏メニュー食べました。
冷やし中華と天竺つけ麺を両方食べましたが、
冷やし中華絶品です。
普通の冷やし中華と全く同じ構成ですが、
全然違う食べ物です。
必食です。(笑)
Posted by アムロ・レイ at 2006年07月28日 17:36
先日はお付き合いできずに申し訳ございませんでした。「ちょもらんま」、既にアップなさっていますね。デュアル店主は気付かれていたようですよ(笑)

ちなみに、冷やしと天竺つけ麺、気になったのですがさすがに1軒目で2杯並べるわけにもいかず… 次回は塩と決めているのですが、お腹に余裕があればチャレンジしたいですね。

冷やし中華と言えば、ちょっと前の記事、「きらく@長野」もすばらしいですよ。アムロさんもふれている「春木屋」の冷やしも東京で食べたのですが、なかなかだった記憶があります。
Posted by nel at 2006年07月28日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

正月屋@郡山 冷やし中華、冷やし天竺つけ麺
Excerpt: ある事情で、福島へ。 福島といえば、正月屋である。 その正月屋が、今年の夏メニューは冷やし中華をやると知って気になっていた。 実は前日にやはり冷やし中華を食べていて、 それがなかなかの出来なの..
Weblog: ニュータイプ食べ歩記(貴様だってニュータイプだろ
Tracked: 2006-07-28 17:40