2007年01月28日

頑固麺飯魂 気むずかし家@長野

0701a026.jpg
お店には'02年からうかがっていなかったので4年以上のブランク。一昨年の信州ラーメン博では味噌を食べています。

お店の雰囲気は全く変わらず。半端な時間だったので貸し切り状態。

0701a027.jpg
「拉麺 600円」
以前のように半端な値段ではなくなっています。最下段の「店舗ページ」の情報は古いままです、すみません。

一口目の感想は「こんなにわかりやすい濃厚さだったっけ」。このところ「鶏白湯」が増えていますが、当時はその走りでしたから… 「乳化」という言葉を久々に使いたくなりました。スープは独特のクセが押さえられてなめらか、です。ただ、スープが濃厚ゆえにチャーシューはしつこく感じてしまいます。また、鰹がかなりしっかりと効いています。以前「スガキヤ」と感じたはずなので今回の印象も遠くないです。

0701a028.jpg
麺も今ではいろいろなものが出てきましたからねぇ。この見た目、当時は驚きをもって受け止められたものですが今では普通に食べられます。スープを良く持ち上げるので機能的な麺では、と思います。

たった今、もうひとつの麺が未食ということに気がつきました(笑)

掲示板スレッド:気むずかし家@長野市高田

店舗ページ:気むずかし家
posted by nel at 06:59| Comment(2) | TrackBack(1) | ラーメン(北信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カツオが入っているとは全く知らなかったのでビックリしました。
すごく分かりやすい味になったなあ、と思いました。
もうひとつの麺、可も不可も…というわけでTBさせていただきます(笑)
Posted by あなぐま at 2007年01月28日 08:40
鰹ガリッだったと思いますが… そう受け止めたってことで(笑) わかりやすくなったのは自分にとっては鶏の方でした。

麺は機会があれば確かめてみたいと思います、が、あなぐまさんほど北信頻度が高くないもので… 気長に行かせて下さい(爆)
Posted by nel at 2007年01月28日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

気むずかし家@長野
Excerpt: 夕刻の訪店でしたが、店内は賑わっております。安定した人気ですね〜 以前は拉麺の麺は「黒小麦麺」でしたが、今は「心麺」という低アミロース麺とチョイスできます。 「拉麺(600円)」「餃子(2..
Weblog: ラーメン夫婦坂
Tracked: 2007-01-28 08:40