2007年01月31日

麺厨房 大将@上諏訪(遠い)

0610a064.jpg
これからしばらく県外のお店が続くので、随時県内の未アップ分をはさみます。

こちらは昨年の10月に実食。未食の「つけ」を。

0610a065.jpg
「つけ麺 700円」
メニューには限定麺との表記が。シーズンものかもしれません。

麺は存在感があるものを予想して行ったのですが裏切られました。いたって普通の麺に感じられます。200g程度でしょうか、3回箸で持ち上げるとほとんどなくなります(笑) カンスイ臭がかなり強いもの。食感は悪くはないのですが、「二八」で体験済みなので強く印象には残りません。

つけ汁は今時系。節の効き方は適度。また、動物系はみなさまご存知の通りそれほど強くないもの。酸味と甘みが際立つもので辛さはほとんどなし。ゆずはちょっと入れすぎか。つけ汁に最初から蓮華がついてくるのは「スープ割りはなし」という意思表示ととらえ、スープ割りはお願いしませんでした。

掲示板スレッド:麺厨房大将@諏訪/中洲

店舗ページ:麺厨房 大将
posted by nel at 22:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ラーメン(南信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
Posted by 月10杯程度 at 2007年01月31日 23:29
特にどのあたりがご同感、なのでしょうか?
Posted by nel at 2007年02月01日 06:33
こんにちは。蓮華は、あってもスープ割りできますので頼んでみて下さい。
柚子は、少なめでお願いできます、と言っても一度デフォで食べないと、加減がわからないですね(笑)
Posted by タテさん at 2007年02月02日 16:11
一重に切れのある「感性」です。
具体的にと思うのですが、鈍重な「感性」の登場とあってははばかれます。
抽象的でご免なさい。
Posted by 月10杯程度 at 2007年02月02日 20:44
タテさん、どうもです。

つけ汁、スープ割りが要らない程度の濃さ、ですよね。柚子は次回憶えていたら抜いてもらうと思います。
Posted by nel at 2007年02月03日 00:30
月10杯程度さん、ご解説ありがとうございます。

やはり自分の読解力は浅薄です(笑) 行間を読めるようになるよう努力いたします。
Posted by nel at 2007年02月03日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック