2007年02月25日

麺肴 ひづき@松本

県外のレビューが続くため、県内を交えながら進めます。

0702a020.jpg
1月開店の新店。店主堀内さんは、第一回「ラーメントライアウト」でにゃみさんと一緒に未経験の部を体験した仲。なので、にゃみさんからかなり情報をいただいておりました。

先月、堀内さんはここ「ひづき」をオープン、にゃみさんは、第二回「ラーメントライアウト」で立川開店確定。志が高いとアウトプットも大きいですね。

0702a021.jpg
「潮ラー麺 700円」
にゃみさんに、「これで勝負に行く」と教えていただいていたもの。迷わずオーダ。

第一印象は「うまみ濃厚」。十分な動物系の濃厚さの中に魚がこれでもかと効いてくるスープは自分のツボ。塩味は最初控えめに、そして徐々に強めに効いてきます。食べ終わり時の満足感は高め。

麺は細め長めで、終盤かなり柔らかめになる反面食感はそれほど悪くならないもの。焦がしネギは良いアクセント。スープは焦がしネギを押さえる強さを持っているのでまとまりが良いです。

堀内さんは「ロコ@ラーメンスクエア/立川(閉店)」でオペレーションの経験は積んではいるものの修行経験はなし。「独自性がキーワードとなるラーメン(nelの解釈)」を松本のみなさまに食べていただきたいとのこと。ちなみに勝負メニューは変更となり「コクにごり」で行くみたいです。

この独自性の高いラーメンが長野でどう受け入れられるかが楽しみです。

掲示板スレッド:麺肴ひづき@松本
この記事へのコメント
nelさん、どうもです。
潮、自分も気に入りました。
個人的には「コクにごり」よりも好印象でした。
ただ勝負メニュー&独自性という点から考えると
「コクにごり」、納得できるような気がします。

今後が楽しみなお店ですね。
Posted by hima at 2007年02月26日 02:53
himaさん、どうもです。もういろいろと食べていらっしゃるのですね、さすが。

himaさんのコメント、全て同感です。お店を回しながら、お客さんの反応を確かめながら地ならししていくとのことですので、かなり化ける可能性があると思います。いろいろな意味で楽しみです。
Posted by nel at 2007年02月26日 07:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック