2017年03月26日

長野らぁ麺 さくら木@長野

1702a055.jpg
移転後初訪。店内は以前より広くなり外待ちはないもののお客さん多め。

1702a056.jpg
「鶏と魚介の塩らぁ麺 780円」
土曜日限定が数多く出る中、基本メニューからこちらを。サービスの小鉢はハマグリの煮物。鶏油がきれいに浮く透明感あるスープからは鶏に加え節や貝類のうまみが。恐らく小鉢の煮物は出汁に使われたものかと。しかしながらとても飲む気にはなれない塩味の濃さ。麺単体では塩の濃さをさほど感じないだけにもったいない。2枚のる豚チャーシューは薄手で脂のうまみが前に出てくる味わい深いもの。一方鶏チャーシューは締まった厚めのもので対照的。

1702a057.jpg
麺は県内産の小麦粉ブレンドとのこと。移転後も自家製麺なのかは未確認。表面なめらかで強めの食感なためか後半ちょっと単調に。

長野市南長野南石堂町1255-7
11:30-14:30 18:00-22:00 スープ切れ終了 月休
posted by nel at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン(北信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塩味、なかなか厳しかったですよね。
皆さん普通に召し上がっていらしたので、自分の感覚が普通じゃないのかと思っていました(笑)
Posted by はや at 2017年03月27日 08:47
はやさん、反応遅くてすみません。
自分はブレだとばかり思っていたのですが…
ベースはしっかりとしていますし、
チャーシューは変わらずおいしかったので
ちょっともったいない気がしました。
Posted by nel at 2017年03月30日 05:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック