2017年03月20日

とり麺や 五色@松本

どうしても口にしたかった今月の限定。なんとかセーフ。

1703a050.jpg
「IPAで煮込んだ豚角煮と、その圧倒的な香りと苦みを利用した汁なし麺 春の香りを潜ませて 1,100円」
相変わらずブロガー泣かせのメニュー名(笑) 角煮に用いたIPAは長野県内ではおなじみヤッホーの「インドの青鬼」とのこと。提供時に炙られた角煮はとろっとろ。苦味はほどほどで独特な香りも含めてうまみに転じています。ビールらしい苦味に柚子が合う。タケノコにはホールクミンや粗挽き花椒がのり、やはりはっきりとした香りを放ちます。これらも苦味と合います。

1703a051.jpg
しなやかな麺はこちらでは珍しくわかりやすい醤油味。もちろん五色の味わい。

松本市白板1-1-13
11:30-21:00(昼売り切れ後に中休みあり、スープなくなり次第終了) 火と第4月休

掲示板スレッド:とり麺や五色@松本白板
posted by nel at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン(松本市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック