2017年10月16日

中華そばに恋焦がれて 依々恋々@大つけ麺博 大感謝祭/新宿

1710a061.jpg
連日厨房に立ちっぱなしにもかかわらずこっそりとカメラ目線をくださるカリスマ。

1710a052.jpg
「純水鶏つけそば 500円」
長野の本店で頂戴したものがこちら。全く違うスタイル。甘酸っぱいつけ汁は鶏っぽさも含めわかりやすい味わい。鶏豚チャーシューもビールを頼みたくなる味わい。口にした際にちょっと疲れていたので身体に染みます。

1710a053.jpg
この麺はつけで活きるような気がします。しなやかで純粋に麺を楽しめるスタイル。いつもゴリゴリの麺を召し上がっていらっしゃると衝撃的かもしれません。

しかしこの価格設定は何と言えば良いのか。

大久保公園にて10/18まで提供
posted by nel at 17:00| Comment(4) | ラーメン(東京都) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
周りで食されている方のコメントが聞えてきましたが、皆様「この麺おいしいね♪」とおっしゃっていました。

のどごしのいい麺だったので、再食したかったのですが、あしたまでなんですよね・・・(-.-)
Posted by はや at 2017年10月17日 09:38
はやさん、どうもです。
きっと新鮮ですよね、あの食感は。
自分は本店で頂戴した際にかなりに気に入りました。
で、本店ではこの茹で加減を忠実に守っています。

なので、本店でいかがでしょうか。
もしくは池袋で(笑)
Posted by nel at 2017年10月17日 22:42
実は18日東京にいたのです。
なので余計に残念感がアップしています(笑)
Posted by はや at 2017年10月20日 08:53
はやさん、笑いながら残念とは、器用ですよ(笑)
またの機会がないのがつらいですが、
本店か来年の麺戦記で会えるような気もします。
Posted by nel at 2017年10月21日 09:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: