2017年12月27日

フリースタイルヌードル 一色@松本

すわたろうさんにお声がけいただき忘年会へ。場所は五色。所定の人数でコースをお願いすればそこは貸し切りパラダイス「一色」。

以下、かなりに記憶曖昧なので詳細は次郎さんの記事をご参照いただければ。

g01.jpg

g02.jpg
まずは先行して揃った面子が瓶ビールで乾杯。アペタイザーはブリかまに鹿肉とナッツのスモーク。ブリかま万歳。鹿肉万歳。ナッツ万歳。まるで真夏の冷水のようにビールがすすみます。

g03.jpg
大きなシマアジ。色艶いい。

g04.jpg
大信州のプレミアムラインに日本料理ターゲットのスペインのワイン。

g05.jpg
サワーなのにかっちり。切れ味と甘みも弊在。足元すくわれそう、というか軽くすくわれました。

g06.jpg
定番の十五穀米にのったシマアジ。脂ののりもよくチョロギの食感にも負けない。

g07.jpg
サーモンの上には南国の香り漂うイミテーションキャビアとディル。

g08.jpg
サパンジのバケットに鹿のリエット。オイリーな鹿肉大好き。

g09.jpg
大振りなツブのスパイス煮。薄味でうまみたっぷり、やわらか。

g10.jpg
ナッツと鮟肝のスープ。やられました。これでつけ麺というある意味お下品路線も期待してしまいます。

g11.jpg
シマアジがとまらない。ニオイの強い野菜とあわせてもいい。

g12.jpg
親鳥と若鳥の食べ比べ。親鳥のがりっとした肉のうまみがたまりません。

g13.jpg
続いて黄身の醤油漬けで。シンプルさが肉のうまみを立てる。この頃には飲み物が赤霧に。

g14.jpg
「名称不詳」
マニアの忘年会なのでもちろん麺も。力強いのに上品な油たっぷりの鶏清湯に生醤油さらっと。麺は全粒粉細縮れ。親鳥のうまみを揚げたキノコが盛り上げる。

g15.jpg
デザートは杏仁豆腐。ムース。この頃になるとスモークマカダミアをカシューナッツと呼んでいる酔っ払いが… 自分です。

愉しみ尽くしました。

松本市白板1-1-13
posted by nel at 17:00| Comment(4) | ラーメン(松本市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
半年遅れの質問ですみません。
ここ行って見たいのですが、今回記事にした料理ぐらいのコースだと予算はいくらぐらいですか?
Posted by hide at 2018年07月01日 11:50
この日は8名でお店貸し切り、お酒まで込みで一人税込み5,000円です。
人数がそろっているのでこのような感じになっているかと思います。
6名以上で貸し切り可能のようです。
Posted by nel at 2018年07月01日 17:02
ありがとうございます。
5千円でこの内容なら一回行ってみたいです!!
Posted by hide at 2018年07月01日 21:55
西澤さんは月1くらいのペースでやってみたいとのことです。
人数揃うならぜひどうぞ。
Posted by nel at 2018年07月04日 02:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: