2018年01月10日

麺づくり 蒼空@南箕輪

1712a059.jpg
昨年末駆け込みで頂戴した鴨。次回提供は今秋かと思われますが記録として。

1712a060.jpg
「鴨つけ 1,015円」
この日の鴨は東欧産とのこと。熱の入りがやや強め、うまみは十分。左端のきっちりと熱の入った端っこが絶品。親鳥のような焼き鳥っぽさが。クルマでうかがっていなかったら迷わずビールを頼んだはず。つけ汁も口にする度にうまみの重なりが複雑になるような。白髪ネギは変わらずサラダ感覚。

1712a061.jpg
蕎麦らしくもありラーメンらしくもある麺。ストレートですすりがいあるもの。ワサビのみをあわせて口にしてもいけます。

次のシーズンにはフランス産の鴨も口にしてみたいような。

上伊那郡南箕輪村田畑5553-3
11:30-15:00 18:00-22:00 スープ切れ終了 火休
posted by nel at 17:00| Comment(2) | ラーメン(南信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事に触発されて御徒町の鴨to葱を食べてきたんですが今流行りの淡麗系で美味しかったんだけど
やはり蒼空の鴨つけはここでしか食べれない味で来年も楽しみです
Posted by コウジ丈 at 2018年01月13日 15:12
鴨to葱、気になっておりますが未食です。
御徒町に行くと条件反射的にチラサクに行ってしまうのもありますが笑

蒼空の鴨は唯一無二ですよね。
自分も楽しみです。
Posted by nel at 2018年01月13日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: