2018年07月31日

空蝉@甲府/山梨【閉店】

1805a004.jpg
今年オープンのこちら。GWにうかがってゆっくりと記事を上げていこうかと考えていたのですが、店主は変わることなく既に別の店舗となっているようです。この記事のラーメンは横浜の「中華蕎麦 時雨」をリスペクトとのこと。

1805a005.jpg
「中華そば 780円」
クリアなスープはいろいろたっぷり入った系な味わい。和出汁も鶏もわかりやすい。胡椒の効いた低温調理の肩ロースチャーシューとメンマでビールをきめたくなるものの我慢。

1805a006.jpg
意外と太めの詰まった麺が最後まで存在感を放つ。

実は潮も並べていたのですがそちらの方がより和寄り。

1805a008.jpg
「甲州頬落つけそば 900円」
酸味があるつけ汁は鶏よりも昆布の勢いが。スープ割りをすると鰹バキバキ。ネギの使い方がうまい。

1805a009.jpg
こりっとした細麺は中華そばよりも細め。しかし食感強く存在感あるためこの太さでちょうど良いと感じさせます。

真面目なつくりのラーメンだったのでどうして提供をやめてしまったのか不思議でなりません。

山梨県甲府市上石田1-17-2
先月より「快晴屋」として営業
posted by nel at 06:00| Comment(2) | ラーメン(甲信越) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も先ほど鬼やんに行って来ましたが、とんとん、末広、鬼やんと残念でなりません。お見送りが多い気がします。
Posted by ゆう at 2018年07月31日 13:10
鬼やんってパワーワードですね…

いつでもうかがいたいお店だったのですが、
面倒くさがりな自分には駐車場のハードルが高くてなかなか…
こちらはお店がなくなったわけではないですが、
今後意外なお店が閉店ってことも多くなりそうな予感がしています。
Posted by nel at 2018年07月31日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: