2020年03月09日

おいらの一途な一杯@松本

2002a014.jpg
昨年オープン時以来。店名からは想像つかないですが、開店時から2回のメニュー全面変更を経ての訪問。早仕舞いが多く、なかなかお店に入れないのが正直なところ。

2002a015.jpg
「大山鶏と錦爽鶏の清湯soba 〜黒トリュフの香り〜 850円」
ブランド鶏を2種用いたスープに期待が高まります。sobaと書くあたりも狙っていらっしゃるような。スープを一口すするとオリーブオイルベースと思しきトリュフ油の香りがくっきり。鶏は終盤に開いてきます。

2002a016.jpg
しなやかな麺がスープと良く合います。

おいしいのですが、個人的な好みとして、鶏がもう少し前に出てくるとうれしいなと思ったり。原価率はとても高そうです。

松本市元町2-6-8
11:00-17:00 不定休 営業情報は店頭でご確認くださいとのこと

posted by nel at 06:00| Comment(2) | ラーメン(松本市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清湯も美味しいのですが、白湯もクオリティが高いです
Posted by しんやん at 2020年03月09日 21:31
しんやんさん、どうもです。
自分も白湯の方がうまくまとまるような気がしています。
自分が口にした清湯はトリュフが勝ち気味でした。
Posted by nel at 2020年03月09日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: