2021年06月10日

鍾馗@市役所前/長野

券売機が置き換わってから初めて。並ぶのが得意でない自分にはハードルが高いお店。3年近くのブランク。

2105a041.jpg
「伊吹いりこそば肉抜き+叉焼スライス小 770+130円」
券売機のギミックをすり抜けた先にある天国。

2105a042.jpg
やりすぎているのにやりすぎ感を出さない、あっさりなんだけどどっしりとしたスープ。厨房を見渡せる客席なので作り方はすべて見えているのですが、いりこの使い方があまりにも贅沢で唖然とします。飲むほどにぐいぐいと押してくる。そこにずっしりとした細めの麺がたっぷり。ネギなど不要と思えます。

2105a043.jpg
肉はオーブン仕上げであまうま。相変わらずおかしい量。スープにつけておくと面白い感じにうまみがうつる。

得意でない並びを克服したくなる味わい。

長野市鶴賀上千歳町1337
11:00-売り切れ終了 日祝休

posted by nel at 06:00| Comment(2) | ラーメン(北信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメントします。
券売機のギミックとはどういうことでしょうか?
何かしないとこのメニューにありつけない、
表示されないってことなんでしょうか?
Posted by 名無し at 2021年06月11日 09:58
名無しさん、どうもです。

初期画面はシンプルなメニューなのですが、
ある過程を経るとフルラインナップが登場します。
何をすればよいかは、恐らくは現場で気付くはずです。
Posted by nel at 2021年06月12日 02:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: