2007年08月15日

スープ研究処 ぶいよん@上田

0707a059.jpg
自分にとっては営業時間が厳しく、なかなか訪れることができないお店。たまたま平日に動ける機会があり、ここぞとばかりに選んだのがここ(笑)

豚醤さんにご都合をうかがうとOKとのことでご一緒いただくことに。

0707a060.jpg
「印度のとりそば 並 800円」
昨年の提供タイミングでは味わえなかった一杯。

見た目は「とりそばにカレーソースがのったもの」程度のシンプルなもの。

しかし、前回と決定的に違う部分がひとつ。ベースの味の濃さ。いや、しっかりと塩味をのせてきました。元来濃厚だった出汁が思い切り引き立ちます。写真下側をご覧いただければスープの濃厚さはご理解いただけるかと。故に、かき混ぜる前にスープをすくったすくった(笑)

麺はお得意のアルデンテを感じさせる歯ごたえの良いもの。ただ、生煮えではない、しっかりと熱の通ったもので文句なし。カレーソース(カレー風味と呼ばれています)はわかりやすい味。やりすぎ感がないもので自分のツボにバチッとはまりました。店主にご自身でブレンドしているのかうかがったのですが、調理に専念していたためかスルー。意図的なものも感じられましたが(爆)

スープをかき混ぜると、日本人の遺伝子に刷り込まれた味に変身。誰にでも受け入れられそうな気配を感じます。隙がない… 完璧にやられました。

掲示板スレッド:スープ研究処 ぶいよん@上田市上田

店舗ページ:スープ研究処 ぶいよん
posted by nel at 06:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン(東信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分もこれ大好き。昨年よりパワーアップしています。
ベースの鶏もカレーの具も何回もマイチェンを繰り返してるみたいです。
カレーのブレンド、恐らく意図的かと(笑)

いまは「印度の具(200円、ハーフで100円)」なるトッピングもできました。
Posted by あなぐま at 2007年08月15日 09:02
スパイスのブレンドは既製品を使っているようですが、何よりもお高くつくようです。^^;
Posted by 上田在住2 at 2007年08月15日 15:52
あなぐまさん、どうもです。
かなり気に入ったこと、ばれていますね(笑)
昨年のものはわからないのですが、
今回のものは「ベースの強さ」が全てを牛耳っていますね。

> いまは「印度の具(200円、ハーフで100円)」なるトッピングもできました。

これがあればいつでもOK、ですね。
Posted by nel at 2007年08月16日 22:13
上田在住2さん、どうもです。

> スパイスのブレンドは既製品を使っているようですが

コアな情報ありがとうございます。
既製品=馴染んだ味、と勝手に考えているので
みなさんに受けの良いものを作るには正解かと考えています。

でも、高くつくんですよね。
原価率の高さは、ラーメンに滲み出していますから、やはり正解かと…
Posted by nel at 2007年08月16日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック