2007年08月22日

麺屋 あいぜん@穂高/安曇野

0707a076.jpg
長期休業明け初訪。

無化調で納得いくラーメンを作るために、営業時間、メニューともにかなり絞り込んだ営業となった模様。

0707a077.jpg
「鯖枯節らぁめん 700円」
新メニュー構成は「鯖枯節」「鰹枯節」「みそ」「枯節つけ」の4つ。頼んだのはメニュー筆頭のこちら。

これ、一言で言えば「青葉チック」。首都圏で流行りの味といえば良いでしょうか。ベースの動物系がかなり強くなっており、節もギラギラと効かせているのでまさしく「流行り」の雰囲気。麺がボソッとしつつムチッとするところは流れに反するか。自分には好みのもの。

脂の食感の良いチャーシューは、スープに泳がせておくと徐々に旨味が抜けてしまいます。早めに食べることをオススメします。

掲示板スレッド:「麺屋 あいぜん@穂高」

店舗ページ:麺屋 あいぜん
posted by nel at 06:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン(中信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青葉ですか・・・なるほど。
トッピングの見た目があまりに違うので連想しなかったのですが、言われてみると鯖節+動物系の茶濁スープはイメージありますね。鯖と鰹のスープをブレンドすると、より近いかも(笑)
Posted by さくじ at 2007年08月22日 08:22
9月からメニューに変更がありそうです。
このスープは残して欲しいですね。
Posted by jimmy at 2007年08月22日 12:05
さくじさん、どうもです。

自分はトッピングをあまり気にしないので…
スープの雰囲気からそのようなイメージを受けました。

> 鯖と鰹のスープをブレンドすると、より近いかも(笑)

まさしく。
Posted by nel at 2007年08月23日 22:03
jimmyさん、どうもです。

> 9月からメニューに変更がありそうです。

水の手配に目処がついたのでしょうか。

> このスープは残して欲しいですね。

わかりやすいですもんね。同意です。
Posted by nel at 2007年08月23日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック