2007年11月25日

麺者 我楽@川中島(遠い)/長野【プレオープン】

0711a019.jpg
この日は2杯いただきました。というのも、「一人一杯のオーダが必要」だから。

他にも「お子さまNG(いくつまでかは不明)」「混雑時に相席ができないことがある」との制約があります。

0711a020.jpg
「つけ」
オープン直前に味噌味から醤油味にシフトしたようです。背脂の効果は「まぜ」の後では微妙。

0711a021.jpg
麺がつるっとしているためなかなかつけ汁を拾わず、食べるのに苦労しました。この麺の雰囲気はかなり変わってきているとのこと、次回に期待です。

※ この日受けた印象を正直に書いておりますが、この場はラーメンを調整するための試食会であり、結果として直後に大きく修正が入っているとのことです。後日改めてレビューさせていただきたいと思います。

長野市青木島町大塚1021-1
11:30-20:00 火第3月休

掲示板スレッド:麺者 我楽@長野
posted by nel at 06:00| Comment(6) | TrackBack(1) | ラーメン(北信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一昨日ようやく行けました(めん)。
14時頃でしたが、先客2名、後客4名でしたので、
だいぶ落ち着いてきたのでしょうか。

印象としてはかなり二郎テイストなものの、
麺がもう一つのってこないというか弱いというか。。
もっとも比較すること自体、邪道なんでしょうけどね(笑)
Posted by あなぐま at 2007年11月25日 08:38
「つけ」や「まぜ」で同じイメージを持ったので、
「めん」をいただいたら余計そう感じると思っています。

> もっとも比較すること自体、邪道なんでしょうけどね(笑)

いいや、「二」を狙っていることは確かなので、
とがったところは忠実に再現しないと突っ込まれます。

でなければ「オリジナル」と宣言すべきでしょうね。
Posted by nel at 2007年11月25日 11:39
nelさん、こんにちは。
子供連れNGなんですか。
さらに1人1杯。
理由はわかりませんが、いくらおいしくてもお客さんの方が気を使わなくちゃいけないなんて、ちょっと悲しいです。

そういうからにはフレンチの高級レストランのように、きっと接客もしっかりしているんでしょうね〜
Posted by ピーかり at 2007年11月25日 15:27
ピーかりさん、どうもです。
「二郎」インスパイアなので、ある意味仕方ないとは思いますが、
ここしばらくは何も知らない家族連れが訪れてしまうと思います。

> いくらおいしくてもお客さんの方が気を使わなくちゃいけないなんて

ここに関しては同感、です。

> フレンチの高級レストランのように、きっと接客もしっかりしているんでしょうね〜

いや、ピーかりさん、厳しい(爆)
もう慣れてきているとは思いますが…
Posted by nel at 2007年11月25日 20:43
お久しぶりです。
PCが調子悪くて間が開いちゃいました。

自分もオープン早々に行き、つけを食べました。
六を意識したものでわかりやすいですよね。
よく言えば荒削り、悪く言えば雑そんな感じ。
接客云々に関しては、
人件費を抑えるための方策ってとこですかね。
まぁそうでもしないと、あの値段はしんどいか。
長野で受け入れられたら面白い。
興味深い店かと思います。
Posted by たけさね at 2007年11月26日 01:21
たけさねさん、どうもです。
拙宅でもPC1台調子悪目です… HDD容量が厳しい。

> 六を意識したものでわかりやすいですよね。

そう、敢えて書かなかったのですが、「二」と「六」との話をうかがっておりました。

> 接客云々に関しては、人件費を抑えるための方策ってとこですかね。

うーん、これは難しいですね。
人数を絞って最低限の接客にしているわけではないですかね。
わざわざ「こういうお店だ」と宣言したわけですから。

> 長野で受け入れられたら面白い。

同感です。
長野ならではの発展の仕方もあるのでは、と思います。
Posted by nel at 2007年11月26日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

麺者 我楽@長野
Excerpt: 長野市ラーメン食べ歩き二軒目は、昨年青木島にオープンした「麺者 我楽」におじゃましました。 麺者 我楽は、青木島にお店を構えるラーメン屋さんです。二カ系のラーメンをいただけると話題のお店ですが、ようや..
Weblog: まちゃの信州グルメ日記
Tracked: 2008-03-02 22:35