2005年09月21日

麺処 鯛葷(たいくん)@松本【閉店】

0509a034.jpg
既に各方面で話題になっているお店。隠れ家居酒屋「三九郎」の業態転換だそうです(自分は呑み屋関係明るくないので全く知らず…)。店内の貼紙は「三九郎 鯛葷」となっています。駐車場はお店から市街寄りに2,3軒分離れた場所に細長く切ってあります。店は旧庄屋のような雰囲気。中に入ると畳には座卓が4卓。奥には洒落たテーブル席が。

0509a035.jpg
「醤油ラーメン 600円」
「塩ラーメン」が準備中とのことで、それ以外を食べてみることに。

さくじさんのおっしゃる通り、なんとなく高山に通じるような縮れ細麺が特徴。ダレも早いのですが、ダレてもおいしく食べられます。スープは魚が効果的に効くもの。薬味は生ネギに焦がしネギ。このコントラストは狙いなんでしょうね。チャーシューはバラロール、玉子は薄味で半熟が半分、切り方が… ともに包丁で切っているのでしょうが、いい味出ています。

0509a036.jpg
「味噌ラーメン 750円」
スープはさらっとした中にも味噌の強さを感じるもの。効き方は生っぽいのですが、いやみっぽさがないです。上に浮くのは焦がしネギに加えて背脂をラードで揚げたもの。この食感がなかなか楽しいです。油っぽさは感じず、どちらかというと穀物の素揚げのような雰囲気。麺はいたって普通の中細に見えますが、これも最後まで適度な食感をキープ。

0509a037.jpg
「チャーハン 700円」
何と言っても特徴は「メンマ入り」ということ。これ、メンマの発酵臭がかなり良い感じで驚きました。次回も頼む予感あり。というか、久々にメンマを水戻しして自分で作ってみるかも(笑)

掲示板スレッド:麺処 鯛葷@松本/岡田
この記事へのコメント
臭いメンマの炒飯好きなんです。
滅多にお目にかかれません。
Posted by j at 2005年09月21日 21:42
最も東信に近い松本のラーメン屋さんでしょうかね。
どれも外しが少なそうなラーメンみたいですね。
チャーハン、これ見せられては頼まずにはいられないでしょう(笑)
Posted by あなぐま at 2005年09月21日 22:18
攻めやすいお店ですね、確かに。
Posted by 豚醤濃い目 at 2005年09月22日 03:47
jimmyさん、メンマの発酵臭はそれほど強くないかも、です。珍しいので印象に残りますね。

あなぐまさん、三才山からはもっとも近いかもしれません。とりあえず、一家で全メニュー制覇を(笑)

豚醤さん、青木からは最短は「ヴァルゴ」です(爆) でも、こちらもどうぞ。
Posted by nel at 2005年09月22日 07:15
チャーハン、作っているところをみましたが
テフロンのフライパンで器用に煽っていましたね。
おいしそうでした。
Posted by さくじ at 2005年09月22日 08:39
フライパンは小さいということだけ確認できましたが、テフロンのものでしたか… その割にはとても上手にできていたと思います。
Posted by nel at 2005年09月22日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック