2007年12月21日

柳家@仙台

0712a039.jpg
1年半ぶり。前回味見させていただいた「焼肉」の印象が強く残っていたため迷わずそちらを注文。

0712a040.jpg
「焼肉 900円」
来た瞬間、見た目に圧倒される。このラーメンは丼が大きい。そこに大量の焼肉、というか肉野菜炒めがドカッと。この量が半端ではない。麺の3倍はあろうかというもの。ただ、こなれた味でモヤシ、ネギ、白菜とバラ肉の配分が良く、さくさくと食べられます。本当に「焼肉」と感じられる味。

隠れた麺はしなやかで、しっかりと伸びが感じられるもの。食べていて楽しい。添えられたキムチは粒の小さいカクテキ。見た目通り、辛味がかなり強くうまい。

仙台市宮城野区榴岡1-7-33
11:00-21:00 材料がなくなり次第終了 水休(祝日の場合翌日休)
posted by nel at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン(東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キムチ納豆もかなり個性的ですが、これもド迫力ですね。
こりゃ、野菜不足気味と感じる時にはイイかもしれませんね。腹きっつきつになるのは別として(笑
Posted by ウーロン at 2007年12月21日 23:25
これ、本当に迫力ありました。
写真でうまく伝わらないのが残念なのですが。

> 野菜不足気味と感じる時にはイイかもしれませんね。

ですです。肉より野菜。

> 腹きっつきつになるのは別として(笑

かなり来ますね。
麺が少ないのが救い、です。
Posted by nel at 2007年12月22日 08:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック