2005年11月04日

ラーメン 二郎 神田神保町店

0510a059.jpg
「山彦」から腹ごなしも兼ね3駅ほど歩いてこちらへ。ヤスキさんと待ち合わせて閉店30分前に並んだものの、直後に終了コールが… 運が良かったです。写真は食後のお店、並んでから1時間以上経っています。

並んでからほぼ1時間、おなかが少しこなれてきたかな、ってところで着席。水色のプラスチックの板が「小」の券。

0510a060.jpg
「ラーメン 600円」
所謂「小」です。これが一番小さいメニュー… さすが三田直系。スープは大きな丼に油の量を確かめながら何度も何度も丼に足されていきます。麺はスープから標準量で一玉程度頭が出る量で盛られます。恐らく350g程度では、と。そして、そこに野菜をわしづかみにして盛ったところで好みを訊いてきます。自分は幸いにもこの後の予定なし、ということで「ニンニク」をお願いしました。で、ニンニクとともに盛られたのが再びわしづかみの野菜。この時点で戦意喪失、でした(爆)

0510a061.jpg
横から見るとこのような感じ、です。ここで諦めてはならん、と思い、まずは麺から。でないと、胃袋に詰め込むにはつらいものが残ってしまう、と判断。「ひとつや」店主は「二郎」に対してものすごい骨太なイメージを持っていますが、ここの麺は「ひとつや」の太麺(ノーマルメニューのデフォ)と同じくらいです。結果、麺は意外とサラッといけました。2枚鎮座するチャーシューは当然ながら厚さ1cmオーバー。これらもなんとか片付けました。で、残ったもやしとキャベツをニンニクフレーバースープに絡めると、これまたサクッとおなかに入りました。結論、うまいって事ですね。でも、さすがにスープは2口だけでやめておきました。

迫力は三田並。油層が凄かったのが印象に残りました。しかし、ハードル高い店、です。自分は再訪は難しいですね… また行きたいですが。ヤスキさん、ありがとうございました。ちなみにヤスキさんはスープも残さず完食… スゴイ。

掲示板スレッド:二郎

そう、ロリアンさんは食べていらっしゃるのでしょうか…
posted by nel at 22:33| Comment(6) | TrackBack(0) | ラーメン(東京都) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、西新宿で食べました。そこの大盛り野菜増しという感じです。三田恐るべし。行きたいけど更にハードルが高くなりました。(笑)
Posted by jimmy at 2005年11月04日 23:04
小滝橋二郎、ですね。実はいつでも食べられると思い未食、です。

ラーメン好きとして三田は一度は体験しておきましょう(笑) 前に何も食べていってはいけません。そして、その後に食べる予定を入れてもいけません(爆)
Posted by nel at 2005年11月04日 23:10
いやぁ、美味しそうですね(笑)。
しばらく食べてないなぁ>二郎系。

どうも私には、二郎系と大勝軒系(東池袋、永福町とも)は「東京でしか食べられない(地物)」という感じがして、東京に行った際には食べたくなるんですよね。
どれも連食には不向きなのですが(笑)。

>前に何も食べていってはいけません。

以前、「イレブン@新馬場」、「三田」と食べ歩いたことがあります(笑)。

単に朝早くに東京に着いて、営業時間が早い店から「効率良く」まわり始めたつもりでしたが、苦しかったですね(苦笑)。
Posted by かじおやじ at 2005年11月05日 06:27
いや、おいしかったです。久々のホンモノ、って感じでした。

> 二郎系と大勝軒系(東池袋、永福町とも)

かなり似た雰囲気のお店はできてきたんですけどね、やはりこれは代替効きませんね(笑)

> 以前、「イレブン@新馬場」、「三田」と食べ歩いたことがあります

ルート的には良い感じですが、胃袋的にはつらいですね… 両店間は腹ごなしに歩くのにちょうど良い距離かも。
Posted by nel at 2005年11月05日 06:35
nelさんには話したんですが、学生の頃に上京して友人といった「三田」はスンナリでした。

今は課題店山積みで、二郎一軒に胃袋を割くのが惜しいです・・・。
Posted by さくじ at 2005年11月07日 08:04
確かに惜しい、ですよね。なので、敢えて2軒目でした。どう周ってもここが最後の店になるのが確実なので(爆)

でも、たまにはいいですよ。過激と思わずにはいられないラーメンも。
Posted by nel at 2005年11月07日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック