2005年11月06日

麺屋 あいぜん@穂高

久々の訪店。

0510a064.jpg
「魚介醤油らぁめん 700円」
スープを一口飲んだところ思い浮かんだのは「イナリ食堂@飯山」。ただ、麺と具材が全く違うので、全体から受ける印象も違います。麺は細めですが結構良い食感。チャーシューはバラロールに縁焼入れ。メンマはこりっとしてうまいですね。この前に結構たくさん食べていたにもかかわらずサクッと食べきることができました。

掲示板スレッド:「麺屋 あいぜん@穂高」
posted by nel at 12:49| Comment(6) | TrackBack(1) | ラーメン(中信) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>nel様

第一印象で浮かぶイメージ、同感です。
煮干の香りを強く感じる所為でしょうか。
何せ週に一度、あいぜんに通って
イナリのイメージトレーニングをしていますので(笑)。

こちらではつけめんを主に頼んでいるのですが、
どうも2玉でもお腹が満足しないので、
店主様方に無理を言って3玉にして頂いて食してます。
50円上乗せであのボリュームは何だかこちらが
申し訳なくなるくらいのサービスで。

10月末に実家帰りのついでにじゃんごにも訪店しました。
塩とつけめんを頂き、完成度の高さに満足しました。
私の生まれは飯山なのですが、2年前に実家が
長野に引っ越しまして、イナリへ訪れる機会も
少なくなってしまいました。
nel様たちのフットワークの軽さを見習いたいものです。

それでは。
Posted by さといも at 2005年11月06日 15:11
きまはちと言い此処といい さといもさん って一体…
Posted by jimmy at 2005年11月06日 17:05
さといもさん、どうもです。

「あいぜん」で「イナリ」のイメトレ、わかります(笑) しかし、つけ麺3玉ですか… 恐れ入ります。でも、食べられてしまいそうな予感。50円で1玉増しは素晴らしいですね。

「じゃんご」は塩もつけ麺もかなり高レベルでまとめていますよね。「鶏白湯」だなんて身構えなくてもすんなりと食べられるところがうれしいです。

> 2年前に実家が長野に引っ越し

ラーメン的には多少残念、ってところですね。
Posted by nel at 2005年11月06日 17:27
jimmyさん、どうもです。そういうjimmyさんも(笑)
Posted by nel at 2005年11月06日 17:31
>jimmy様

自分の場合、不精な学生ですので食べられる時に
思い切り食べる、てゆ習慣がついてまして。
1日多くて2食、大抵は1食ですからその後の食事を
考えないで済むのです。
こんな私でも、最近訪れた「ど根性ラーメン」の
看板メニュー、「ど根性」は厳しい戦いでした(笑)。

>nel様

馴染みの「イナリ」からは遠ざかりましたが、
その分長野のお店には行き易くなりました。
特に「じゃんご」と「ぶあいそー」がお気に入りです。
中信では再開した「ちょもらんま」も早く訪ねたいですし、
「とりでん@大手」もちょくちょく通ってます。

来春からは就職で北信に移りますので、
学生ならではの気軽なラーメン屋巡りも、残すところ
あと半年足らずと思うと複雑な気持ちですね。


それでは。
Posted by さといも at 2005年11月08日 00:29
「ど根性」、食べたんですね(笑) タイムリーな。自分はやめておきます。ちなみに、1日1〜2食であれば量的に多くても大丈夫ですね。

「じゃんご」と「ぶあいそー」ですか、それもうらやましい環境ですね。

> 学生ならではの気軽なラーメン屋巡りも、残すところあと半年足らずと思うと複雑な気持ちですね。

自分の経験を元に考えると、食べ歩きに拍車がかかるか、もしくはほとんど食べなくなるか、のどちらかかと思います。食べたい、という意思さえあれば気軽とはいかないでしょうが続くと思いますよ(笑)
Posted by nel at 2005年11月08日 02:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

麺屋 あいぜん@安曇野
Excerpt: 松本方面ラーメン食べ歩き二軒目は、ちょっと足を伸ばして安曇野市の「麺屋 あいぜん」におじゃましました。 あいぜんは、旧穂高町にあるラーメン屋さんで、各ラーメンサイトにおいても評判のお店です。僕は初めて..
Weblog: まちゃの信州グルメ日記
Tracked: 2006-09-21 21:27